スポンサーリンク

会議ソフトZOOMの特徴!スカイプとの違いやメリット・デメリットは?

ネット経由でビデオ通話をやろうとした時や通話をしようとした時に必要になるのが、通話ための専用ソフトです。

ネットでメジャーな通話ツール(テレビ会議ツール)といえば、無料の方法だと「スカイプ」を使うことが一つの選択肢としてあると思います。

ところが、接続が不安定だったり相互間のマイクの設定などがうまく行かなかったりで、必要以上に時間をとられてしまった経験が個人的にもあって、どうしたものかと思ったことが何回もありました。
(まあ、無料なのでそこまでケチはつけられないのですが)

そこで今回、私が実際に使ってみてオススメしたい無料通話ソフト「ZOOM」を紹介していきます。

実際に使ってみた感想やスカイプとの違い、Zoomのメリット・デメリットをまとめていきましたので、ぜひ参考にされてみてください。

スポンサーリンク

ビデオ会議・通話ソフトのZOOMとスカイプとの違い

スカイプはネット黎明期から、インフラ的な役割として活躍してきたと思います。

なんせ、私がネットを始めた10年ぐらい前から存在しているものなので…!

まだチャットや掲示板が全盛期のころからネットは使っておりましたが、パソコン間のチャットや通話ソフトはスカイプ・MSNメッセンジャー・Yahooメッセンジャーあたりだと相場が決まっていたわけです。

でも、

実際にスカイプを使っていると、時々不具合などが発生するので「なんかもっといいソフト無いのかな?」と思うことって結構あったんですよね。

  • 通話が安定しない
  • 設定が面倒
  • 相手の環境が安定しない

などなどのデメリットがスカイプにはありました。

慣れていたりとか、友達との通信手段で使うぶんにはそこまで困らないわけですが、リモートワークとかビジネスの場面での用途で考えると、やや不便に感じることも正直ありました。

 

そんな時、なんとなく広告経由で見つけたのが本サイトでもメインで扱っている記事ネタのZoomだったわけですが、これが使ってみたら超便利だったのです!

 

ただ、この記事をご覧になっていると、疑問が沸き起こってくることでしょう。

 

「でも、スカイプとどう違うの?メリットとデメリットはどんな感じなの?」と。

 

そこでスカイプとZOOMの違いを一通り解説していくことにします。

ゲスト側の事前準備、環境設定が不要

スカイプでは当たり前なのが

「双方間でアカウントを用意して、ソフトもインストールしておくこと」

というのが不要なんです。まずここが個人的なメリットとして一番大きかったですね。

通話をかける側さえZOOMのアカウントやソフトをもっていさえすれば、いつでもどこでも通話が可能だということです。

Zoomも厳密に言えば最初に通話を始めるときにソフトをインストールする形になるのですが、はじめて通話を開始したときにバックグラウンドでインストールが始める、みたいなイメージです。

つまり、通話相手の方がパソコンやスマホが苦手だったりしても、スカイプよりも簡単に準備できてしまうという点は強力なメリットになりえます。

これは便利ですね!

関連記事:

Web会議ソフトZoomの魅力!使い方やダウンロード方法まとめ
スマホ版Zoomの基本的な使い方について

通信データ量が少ないので安定している傾向にある

スカイプでは通信が安定しないこともあり、通話相手との話が途切れることもしばしば。

自分の話している声が相手に聴こえなくなることが度々起こったりするのですが、これはデータ転送量が大きくて通信速度によって通話の品質が大きく左右する、というような状況です。

対して、ZOOMがスカイプに何よりも勝っている点は、「通信データ量が少ない」という所だと思います。

極端ですが、水にたとえてみるとわかりやすいと思います。

  • バケツ一杯の水
  • コップ一杯の水

たとえばこの二つを走ってもっていくとしたら、Zoomはコップ1杯の水の重さだけの負担しかかからないというイメージです。

この水を情報量に例えると、ZOOMのほうは圧倒的に一回のデータ通信量が少ないので、ネット回線の通信環境やタイムラグなどの影響を受けにくい、ということです。

 

 

実際に1時間にやり取りする通信データ量の数字を確認してみても、

  • スカイプ: 2000MB
  • Zoom: 250MB

と、圧倒的にZoomのほうが、通信データが少ないことがわかりました(筆者個人の計測ですが、1時間ほど音声通話をしてもWifiルーターをみたらこのぐらいの消費イメージです。通話と平行してWEBページを見たりもしています)

 

これは通話相手のパソコンやタブレットのスペックが低かったり、通信速度が低めだったとしても、安定した環境で通話できるということになりますよね。

マイクやイヤホンなどの細かい設定が不要

スカイプでは結構面倒な作業があります。

 

「マイクやイヤホンの設定」ですね。

 

私もしょっちゅうスカイプで相手の声が聴こえなかったりして、オーディオ機器の設定に手こずることが多かったことを何度も経験しました。

 

その点Zoomは自動的に今使っているデバイスを判別してくれるので、マイクとイヤホンさえ繋がっていれば、細かい事前設定なしてすぐ通話に入ることができます。

(ただ、環境によっては、たとえばピンジャックのイヤホンとUSBマイク、Bluetoothヘッドセットを同時に接続していると音声が聞こえにくいとかの問題も例外として時々起こります)

ボタン一つで録音・録画ができる

これも大きな特徴ですね。

スカイプの場合、もしも音声や動画を録画しようとした場合、動画や音声キャプチャソフトを別で起動する必要があります。

また、非常に困るのが音声キャプチャソフトの設定がうまく行っていなかった場合でしょう。

 

1時間ぐらい対談音声を収録して、通話相手のそれを送ろうとしたら「あれ!録音(録画)できていない!」なんてこともスカイプでは起こってしまいますよね…。

 

Zoomはそれが一切なく、Zoomの機能にある録画・録音ボタンをポチッと1回押すだけで、自動的に録画や録音を始めてくれるのです。

 

これはパソコンに疎い方でも非常に重宝するはず!

スカイプにはないZOOMの5つのメリット

ここまでZOOMとスカイプとの違いについて紹介しましたが、

「かなり色んなことが出来るんだな~」

ということを確認していただけたと思います。違いの部分だけでメリットを感じたかも?

 

ただ、まだまだZOOMならではのメリットというのもあって

  • 「本当に」1クリック操作で簡単につながる
  • 同時接続人数が圧倒の50人まで対応
  • 有料プランでも結構安価
  • スマホ・タブレットなど媒体を選ばず接続ができる
  • 他にも便利機能が盛りだくさん

これらはスカイプにはない特徴だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

「本当に」1クリック操作で簡単につながる

ZOOMの特徴は、相手がアカウントを持っていなくても、ソフトを持っていなくても通話が可能という所です。

そして、「招待機能」という独自の機能を持っているのも大きな特徴ですね!

 

これは何なのかというと、

「このURLをクリックしてください」

と、相手にクリックを促すだけでパソコンやタブレットで通話を始められる機能なんです。

 

今までの会議ソフトでありがちだった、

「このサイトに移動してください」
「この設定を済ませておいてください」

などといった、わずらわしい作業が全くない点が魅力ですね。

そのぶん時間節約にもつながりますので、とても心強いです。

 

筆者も相手にZoomを使ってもらう時にはこの記事を相手の方に見せたら、はじめてでもすぐにZoomを使用していただけています。

zoomの通話に参加する方法!会議に参加する操作手順は?

同時接続人数が圧倒の50人まで対応

ビデオ通話も機能にあるスカイプですが、同時通話は転送データ量が多いので、人数が増えれば増えるほど通話の品質が不安定になる傾向にあると思います。

通話も10人近くになると非常に不安定になりますし、一部の参加者が聞き落としをしてしまうことだってあるわけですね。

ところがZOOMでは、その心配が一切ありません。

非常にデータ通信が軽いので、10人どころか50人ほど平行して通話をしても、動画で通話をしても安定している点が特徴です。

WEBのセミナーなどで1対多数の接続をしたり、参加メンバー同士で会話をするような使い方をしたい場合には大きなメリットになりますね!

有料プランでも割と安価

ZOOMには一部有料プランが存在しますが、基本的に全て無料で十分過ぎる機能をもっています。

また、有料プランでも結構安価な点が特徴であり、月額数千円レベルでさらに便利になってしまう点は魅力的ですね。

お仕事でガンガン使おうと思っている場合でも、他のテレビ会議のように大げさな設備が不要だったり、初回の登録や初期費用が掛からず、毎月の固定費も安いのはとても心強いでしょう。

関連記事:

Zoomの有料版と無料版の違いは?値段とプラン別の機能も解説

Zoom無料版で出来ることは?有料版にする前にチェック!

スマホ・タブレットなど媒体を選ばず接続ができる

ZOOMはパソコン・タブレットなど、お互いに使っている機器が異なっても通話を始めることができます。

 

つまり、ZOOMアカウントを持っている側(ホスト)が相手にURLを送りさえすれば、通話を即スタートできるんですね。

 

スカイプではタブレットなどでも登録が必要になるので、とても便利です。

他にも便利機能がもりだくさん

スカイプはずっとネットでシェアを誇ってきたコミュニケーションツールですが、使える機能は基本的にチャットと音声、ビデオ通話のみ。機能の追加はありません。

通常の通信量が非常に多いために、機能を追加できないという問題もあるのでしょう。

 

ところがZOOMであればホワイトボードの機能やテロップ機能など、視覚的に相手のサポートができる機能も備わっており、しかも簡単に使えるのです。

 

他にもグループ内でさらにグループ分けをすることもできたりと、スカイプよりも柔軟度があり非常に便利なんです。

これが、ZOOMが今までにない多機能ツールだと呼ばれる所以なわけですね。

ZOOMのデメリットは大きく2つあるかも

ここまでZOOMのメリットを紹介していきましたが、ZOOMにも少しだけデメリットがあります。

デメリットその1.英語が苦手だと難しい場面も

Zoomは英語圏の会社が運営されているツールなので、「英語が苦手だと使いにくいかもしれない」と感じる事があります。

会員登録も英語の部分が一部存在するため、ちょっと最初は手こずるかもしれないでしょう。

公式サポートもGoogle翻訳片手に質問をするような形になります。

ただ、英語の理解はホスト(通話を開始する側)がサポートや公式サイトでの設定をする場合に必要という感じなので、参加者側に対しては中学校で習うレベルの英語がわかっていれば”なんとなく”理解できる親切設計になっています。

 

 

とはいってもスカイプほど細かい設定にやきもきする程でもなく、10分も通話すれば「すごく便利じゃん!」と思えるような感じになるんですね。

また、最近では公式の設定画面も日本語化してきていて使いやすくなっています。

しかしこの唯一のデメリットも、今後ZOOMがよりもっとメジャーになれば正式な日本語版が開発されるはずです。まだまだ発展性のあるツールだと思われます!

デメリットその2.メッセージアプリとしての機能がない

スカイプでは通話以外にも、メッセージアプリとしてチャット機能があり、会話のログを双方間で確認・保存しておくような形にできます。

ところがZoomが双方でアカウントを発行してやりとりをするものではないので、チャット自体はできるものの

【音声通話をしている時のチャットは可能だけど、通話が終了したらそのメッセージを確認できない】

という点が決定的な違いであり、人によってはデメリットに感じる部分があるでしょう。

(ホストがログを確認すること自体は、設定をすれば「.txt」のテキスト形式で確認すること自体は可能です)

 

なので、「いまから通話をはじめてもいいですか?」とかのメッセージを送ったり、通話前のZoomのURLを貼る場合も、別のメッセージアプリやメール経由でのやりとりをする必要があります。

参加者側からはチャットの会話ログを確認することが出来ません。

ただ、主な目的が通話だったり、チャットはあくまで通話時に共有したいメッセージを送るとかの用途に限る場合はあんまり気にしなくてもいいかな、という感じですね。

まとめ

それではZOOMとスカイプとの違いやメリット・デメリットについてでした。

会議や通話をスムーズにやりたいという方にとってはスカイプよりも圧倒的に使いやすいと思われます。

無料でもかなり多くの機能を使うことができるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

  1. […] Zoomとスカイプとの違いは?メリット・デメリットも紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました