スポンサーリンク

ZOOM飲み会(Web飲み)のメリットとデメリットを真剣に解説してみた

「ZOOM飲み、最近はやっているみたいだけどどうなの?」「画面越しで盛り上がれるのかな?」と思っているあなた!

使い勝手の良さから「現地で飲み会を開催するより楽ちん」「意外と楽しいかも」と感じている方がたくさんいらっしゃいますよ。

この記事ではZOOM飲み会のメリットとデメリットについて真剣に解説していきます!

スポンサーリンク

ZOOM飲み会のメリット

ZOOMで飲み会を開催している人が急増しているのは、楽しいだけではなく現地での飲み会と違うメリットがたくさんあるからなんです。

では、どんなメリットがあるのかを解説します!

終電がない・地理的制約がない

普段の飲み会はメンバーに合わせて場所もある程度制約があり、遠いと行くまでが面倒だったり、遠すぎて参加できない人も出てきますよね。

例えば「22時までに絶対に帰らなければならない」という人が参加メンバーにいたら、その人が帰れるように調整が必要です。

また、せっかく盛り上がり楽しくなってきても終電の時間に合わせてお開きにしないといけません。

終電を逃してしまえば余計なタクシー代や宿代がかかってコストも高くなってしまいます。

しかしZOOM飲み会の場合、開催場所は自宅です。

どんなところに住んでいても参加できるし終電も気にせず飲んでいられるなど、時間や距離の制約をかなり緩められるます。

もちろん移動コストもかかりません。

しかも普段呼べないような友達を気軽に誘うこともできます。

好きなだけ飲んで喋って、飲みすぎてしまっても自宅なのでそのまま寝ちゃえると、気軽に飲み会ができるんです!

電波を理由に途中で抜けられる

ZOOM飲み会はネット環境の影響を受けやすいというところがあります。

しかしこれも見方を変えればメリット!

電波が悪く声が途切れたり、画面の動きが悪かったりするとそれを理由に途中で退出も出来ちゃいます。

飲みすぎてちょっとしんどくなった場合などにぜひ(笑)またすぐに戻ってくることもできますしね。

飲酒強要などがなくソフトドリンクでマイペースで飲める

居酒屋で集まって開かれる飲み会は、飲み物や食べ物をみんなに合わせて注文しますよね。

しかしZOOM飲み会の場合は他人に合わせる必要はありません。

自分の分だけ準備すれば良いので、他の人に気を使う必要がないのです。

「全然飲んでないじゃん、ほら飲んで飲んで」とお酒を強要されることもないので、アルコールが苦手な方も一緒に盛り上がりやすくなります。

お酒が入っているようなグラスにソフトドリンクを入れてもバレません(笑)し、自分のペースで飲むことができます。

オンラインでできる遊びが意外と盛り上がれる

ZOOMにはバーチャル背景という機能があって、自分の後ろの背景を好きな画像に変えることができます。

バラエティー番組のセットやマンガやドラマの名シーンの一部を背景にしたりして、そこに自分が登場しているように見せることもできます。

お店やゲームメーカなど企業が今回の世情を受け、バーチャル背景に使える画像を無料提供しているので検索してみてください。

Twitterや公式ページで検索するといっぱい出てきますよ。

またSnap Cameraというアプリをインストールすると、こんな感じ↓に顔を変えることもできます。

ポテトやキュウリなど食べ物にも変身可能、表情もちゃんと動くので結構笑えます。

友達の画像にツッコミを入れたりして会話のネタにもなり、意外と楽しいですよ!

関連記事:

スポンサーリンク

Zoomのバーチャル背景に便利!オススメおもしろ画像を紹介!

その他のメリット

その他小さな子どもがいるご家庭でもいっそ家族ぐるみで盛り上がれる、タバコの煙が苦手な場合も気にせず飲み会ができるなどもメリットと言えますね。

ZOOM飲み会のデメリット

一方でZOOM飲み会、オンライン飲み会ならではのデメリットもいくつかあるので、事前に確認しておきましょう。

誰に対しても会話が届いてしまうので、どうしても1つの話題になってしまう

大人数で飲み会を開くと、近くの席に座っている人たちと会話が弾んだりしますよね。

10人全員で会話するというよりも、流れで3~4人で会話が盛り上がる……覚えがある方も多いのではないでしょうか

しかし、オンライン飲み会ではこれができません。

一人が話し出すとAIがその声にフォーカスしてしまい、周りの声は何を言っているのか聞き取り辛くなります。

なので全員で一つの話題について話すことになり、内緒話はもちろん個別で会話することも難しいです。

この場合の対処法としてはブレークアウトルームという機能を活用するとよいでしょう。

大人数でZOOM飲み会を始める時に、少人数用の部屋をあらかじめ作り参加者を振り分けることができます。

時間が来たらメンバーの入れ替えもできます。

主催者は少し忙しくなるものの、この方法を取り入れることで少人数でも気軽に話せる場を用意できます。

ただ話の合わない人同士になるとそのグループが盛り下がってしまう可能性もあるので、参加者のことを把握している人が振り分けるようにしましょう。

実際に顔をあわせての宴会ではないので、情報量が少なくコミュニケーションが取りにくい

知っている人だけなら問題ありませんが、初対面の人がいるとコミュニケーションし辛いという点があります。

AIの音声を拾う仕組が影響して全員で一つの話題になってしまい、個別に会話をしたりすることが難しくなります。

人数が多すぎると一言しか話せず、ただ画面に写っているだけで終わるというようなこともありえるんですね。

初対面の人はチャットを使い簡単に自己紹介を投稿しておく、定期的に黙ってしまっている人がいないか確認するなど対策しておきましょう。

顔を写してもらえないとコミュニケーション自体がとりにくい

ときどき「顔を出したくないから」と、ビデオをOFFにして声だけで参加する人もいます。

背景画面だけとか真っ暗な画面の人もいて、話をするのも何だか気分が出ないし会話も弾みそうもないという雰囲気になり、会話を振りにくくなります。

コミュニケーションも取りにくく会話も弾みそうにないとなると、複数で開催している場合は会話に入ることができないこともあります。

顔をどうしても出したくない時は、先ほど紹介したSnapCameraを活用してみましょう。

化粧していないとか髭を剃っていなどは確実にごまかせる、また食べ物にも変身できたりするので顔自体が分からなくすることも可能です。

ぜひSnapCameraを活用しましょう!

その他のデメリット

その他のデメリットとしては家で飲むため終了時間があやふやになる、いつまでも続けてしまう、うるさいなど家族の不評を買うなどがあるので、こちらも気をつけておきましょう!

まとめ

ZOOM飲み会のメリット・デメリットについて紹介解説してきました。

現場で開かれる飲み会ももちろん楽しいですが、ZOOM飲み会も以外と楽しく盛り上がれます。

デメリットを改善する、意識して開催すれば、もっと快適で楽しめるのではないでしょうか。

外出自粛でコミュニケーション不足を感じている方も誰かと繋がりたい方も、気軽に参加できるZOOM飲み会をぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました