Zoomの有料版と無料版の違いは?値段とプラン別の機能も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Zoomの使い方に慣れてくると、アレコレ色んな機能を試したくなることもあると思います。

ただ、無料会員の状態だと通話時間に制限があったり、使える機能に違いがあったりもします。

 

私も最初は無料会員からスタートしたものですが、

「有料版の機能って正直どうよ?」

と思うところがありました。

 

Zoomの機能は非常に豊富で、ちょっと調べてみると有料版で出来る事は意外と多く、しかも便利なものばかりだということが分かりました。

 

 

そこで今回は、Zoomの有料版と無料版の違いを紹介しつつ、いくつかある有料プランごとの差についても紹介しています。

 

スポンサーリンク

Zoom有料版と無料版の違いは?

まず、Zoomは無料でありながら非常に多機能な通話アプリで、その他の通話機能のあるWebソフトとしては最高峰の機能をもっているといえます。

かといってパソコンに高度なスペックを要求されることもありませんし、汎用性が高いのも特徴の一つではないかなと思いますね。

ただ、有料版のグレードが用意されているのをご存知でしょうか?

 

無料版と有料版の大きな違いは、

  • 通話時間の制限の有無
  • 特殊な追加機能の有無

この二つにあります。

 

そのため、時間制限を気にせずミーティングを使いたかったり、オンラインウェブセミナーなど、複数の人数を招待する必要があったりする場合には有料プランを活用したほうがいい、という事になりますね。

 

私も今までZoomの無料版を使って満足していたため、これ以上付加機能があったらどうなってしまうんだ…。と思って仕方が無かったのですが、有料版はやはり便利な機能が満載のようで、細かい制限が解除されたり、付加機能が追加されたりと様々な恩恵得られるのが特徴でもあります。

Zoomのプランには4つのプランが用意されており、

  • 無料プラン
  • プロ
  • ビジネス
  • エンタープライズ

といった名前が付けられています。

料金プランは一応、公式サイトにも掲載してありますが、正直あまり意味がわかりませんよね…。

参考元: https://zoom.us/pricing

 

では改めて、それぞれのプランと、各有料プランで出来ることをチェックしていきましょう。

Zoomの無料アカウントでできること

Zoomの無料アカウントはすでにほとんどの機能が使用できるようになっており、これだけの機能が全て無料で使えます。

・1対1の無制限通話
・グループミーティング通話(40分制限あり)
・最大50人招待可能
・通話回数無制限
・ビデオ会議機能
・Web会議機能
・グループコラボレーション機能
・セキュリティ機能(SSL,AES)
・オンラインサポート

 

Webセミナーに関連する機能や、グループでのミーティング機能など基本的なものはほぼ全て使える仕様になっていますが、3人以上の通話では時間制限が存在します。

そのため、お試し感覚で使い、有料版を検討するかどうかをプランだと認識しておけばいいでしょう。

それでも有料プランと同等の機能が使えるばかりか、2人までの通話であれば時間無制限で活用することができるため、1対1のサポート業務などではすごく便利に活用できますね。試用期間の制限もないため、ずっと使うことも可能です。

スポンサーリンク

Proアカウントで出来ること

Proアカウントがあれば、正直ほぼ何でもできるようになります。

こちらのアカウントからは有料となりますが、

無料版でネックだった時間制限が全て解除されます。

 

3人以上でのグループでの時間制限も無制限になる上、クラウドサービスなど便利な機能も追加されるのがProアカウントの特徴です。

 

また、追加料金を支払わなくてはいけないものの、50人以上のメンバーを通話に招待することができるので、大規模なWeb会議にも対応できることがわかりますね。

機能一覧はこのようになっています。

 

・無料アカウントの全ての機能
・最大50名よりも上の参加者を招待可能(別料金)
・全てのミーティングの時間制限が無制限
・ユーザーの管理機能
・管理機能のコントロール
・報告機能
・カスタムパーソナルミーティングID
・タスクスケジューラ
・1GBを超える動画・音声ファイルの録画可能
・クラウドエンコーディング機能
・フリーダイヤル機能
・ビデオウェビナーを追加できるオプション
・ビジネス版スカイプ(Lync)との互換機能

 

実際の通話にて、どのように役に立つのか一部不明な機能もあるかもしれませんが、この有料プランで出来る非常に便利な機能としては、

  • オンライン上(クラウド)で動画を録画、エンコードできる
  • 他ソフトとの互換性をもつことができる

という点にあるかと思います。

オンラインで動画を編集できる、ということはつまりパソコンを起動していなくても自動的に動画や音声をエンコードしてくれる事になるので、非常に便利な機能でしょう。

クラウド録画は長時間録画に便利!

パソコンを立ち上げて動画を録画するには、

  • 通話ソフト
  • 動画録画ソフト

の二つを今までのやり方では用意しなければなりませんでしたが、Zoomは違います。

通話や録画も、ボタンを押すだけで簡単に録画できてしまいます。これは無料版でも一緒ですが、非常に便利でたのもしい機能ですよね。

ただ、

無料版ではパソコン上で録画をして、パソコン上でエンコードをするまでの仕様になっています。

つまりどういうことか?

 

パソコンで長時間の録画をすると、不意にデータが飛んでしまったり、エンコードに長時間かかってしまうかもしれない、という事はおこりえます。

 

たとえば3時間を超えるような長時間のセミナー中にZoomの録画機能を使い録画をしたつもりでも、パソコンのエラーで録画されていなかった!なんて事が起こってしまうわけです。

万が一のことを考えると、ちょっと不安ですよね。

 

有料版のアカウントではその問題を一気に解決できる、クラウド型の録画サービスが活用できるのです。

つまり、クラウド(サーバー上)で録画を行い、クラウド上でエンコードも行うため、パソコンで撮り損ねたというトラブルを回避することができるわけですね。

これであれば安心してセミナーやミーティングに集中できると思うので、ぜひ活用していきましょう!

Proアカウントの料金は?

利用料金は14.99$。1ホスト毎に同額の料金がかかります。

日本円では2000円ほどでここまでの機能が利用できるため、サポート業務をするような場合には特にオススメだといえます。

Businessアカウントでできること

Proアカウントよりも上位に位置するこちらのビジネスアカウントでは、さらに上級の機能を活用することができます。

全てのProアカウントの機能に加え、電話でのサポートが受けられたり、会社名を含めた紹介ドメインを作ることができたりと、ブランディングのできる機能が一通り揃っている点が特徴的です。

また、オンラインストレージ(クラウド)も活用できるようになるので、撮り貯めた動画や音声ファイルもWeb上で保管でき、非常に便利であるといえますね。

 

・Proアカウントの全ての機能
・電話サポート機能
・管理ダッシュボード機能
・独自URL機能
・クラウドデータ保管機能
・独自ドメイン管理機能
・会社の資格情報でサインイン
・自社サイト運営機能
・ビジネスメールアカウントを追加
・LTIの統合機能

 

ビジネス版アカウントの機能はこの通り。

頻繁にWeb会議をしたり、動画セミナーを収録したりするのには非常に便利なアカウントだと思いますし、会社のブランドを全面に出した状態でZoomを活用することができるようになります。

なので、

会社のドメインを取得して権威性を出したり、ブランディングの面でもフォローを加えたい場合はこちらを選ぶことになるでしょう。

Businessアカウントの料金は?

ビジネスアカウントの利用料金は月額で19.99$になります。日本円で2500円ほどになりますね。

また、

登録ホストの最低人数がビジネスアカウントでは決まっており、最低10人の登録が必要となります。

 

選び方としては…。実際のところ、10名を超えるようなオンラインでのサポート業務をメインとするような、中規模の企業で使うことになりそうです。

スポンサーリンク

Enterpriseアカウントでできること

Zoomの有料アカウントの中でも最高峰に位置する特殊アカウントです。

ビジネスアカウントの全ての機能を使えるこちらのアカウントは、大規模なビジネスにも対応したパワフルな仕様となっています。

提供されている機能は以下のとおり。

・Businessアカウントの全ての機能
・拡張管理機能
・拡張サポートとカスタマイズオプション
・その他の統合オプション
・追加オプションサービス

 

拡張機能やカスタマイズなどに関しても、専門的な知識をもったサポートスタッフによって最適な環境にカスタマイズしてくれる、まさにオーダーメイドのプランとなります。

また、エンジニアによって専門のサービスも提供される独自サービスもあり、まさに至れりつくせりの内容となっていますね。

Enterpriseアカウントの料金は?

最低ホスト数は100名以上必要になるため、このアカウントを使うのは100名を超えるサポート業務を行う企業がメインとなるでしょう。

利用料金はビジネスアカウントと同じ19.99$ですが、登録に必要な人数は100人以上となります。

まとめ

Zoomの有料版と無料版の違いについて、グレードごとの違い・特徴や値段を紹介していきました。

簡単にアップグレードできるZoomのアカウントは、無料版から試してみて、必要に応じて有料プランに鞍替えする方式をとるのがオススメといえるでしょう。

無料でも1対1のサポート業務では非常に便利に使えますし、時間も無制限ですからね。

 

また、Proアカウントでほぼ必要な機能は揃うかと思います。

Zoomデビューをしたのなら、必要に応じて有料プランを選んでいきましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

下記のコメント欄は、情報交換や記事に対する質問の場としてご活用ください。 なお、筆者は激務のコンサルティング業務を日中こなしているため、記事をまずは早く書き上げることを念頭に置いて製作しています。万が一誤りのある場合は指摘していただけると助かります。


なお、コメント欄での質問も承りますが、「人は自分の鏡」です。挨拶が無いなど、ビジネスマナーに欠けたコメントには返信しない場合もありますのでご了承ください。


コメントを残す

*